脳出血で障害基礎年金1級を受給できたケース

相談者 60代男性
傷病名 脳出血
決定した年金種類と等級 障害基礎年金1級
支給月から更新月までの総支給額 約96万

相談時の状況

平成20年頃に、散歩中に目の焦点が合わず、吐き気を覚えふらつくようになった。念のため病院を受診すると、軽度の脳出血とのことで投薬治療となった。その後、症状が悪化し、開頭下脳生検術によりアミロイド血管炎が判明。平成26年頃より洋服を着る順番が分からなくなったり、名前や住所が書けなくなったり、記憶が前後したりなどの症状が現れ始めた。

依頼から請求までのサポート

奥様と娘さんが相談に見えました。年齢をお伺いすると、64歳で、あと2ヶ月ほどで65歳になるとのことでした。
障害年金は、初診から1年6か月後の認定日に障害状態にないと、事後重症という扱いになります。その場合、65歳前でないと請求ができません。
相談者の場合、事後重症での請求となるため、リミットがあと2ヶ月しかなく、とにかく診断書を早急に医師に記載いただく必要がありました。次回の診察日を確認し、早急に診断書を書いていただくよう、医師へ強くお願いし、診察日当日に診断書を記載いただき、何とか間に合わすことが出来ました。

結果

障害基礎年金1級が決定し、年間約96万円の受給が決定しました。障害年金の診断書は、医療機関によっては数カ月から数年(!?)も待たされるケースがあります。事後重症の場合、請求が65歳前という事で、今回のケースはかなりスケジュール的に厳しく、間に合うかどうか不安でした。しかし、医師に事情をお伝えしたところ、診察日当日にすぐに記載いただく事ができて、本当にラッキーでした。

診断書の記載は、多忙な医師にとっても大変な作業ですが、困っている相談者のためにも、医師と上手にコミュニケーションを取りながら、しっかりと依頼していくことが重要です。

脳疾患・心疾患の受給事例集についての詳細はこちら

 

無料相談会予約受付中!

2019年6月26日(水)開催。お急ぎの場合、事務所での個別相談をご利用ください。

  • 障害年金をもらえそうな気がする
  • 障害年金をもらいたい
  • 障害年金の申請がしたい

上記にひとつでも該当するようなら、まずは無料相談をお申し込みください。

障害年金無料相談受付中

相談料0円

お気軽にご相談ください

046-230-6863(受付時間:平日 9:00 ~ 17:30 土日祝日応相談)

お電話はこちらから

相談窓口はこちら

046-230-6863

受付時間:平日 9:00 ~ 17:30

土日祝日応相談

事務所概要

フェリタス社会保険労務士法人

〒243-0014
神奈川県厚木市旭町 1-22-20
ハラダ旭町ビル 6F

046-230-6863 お電話はこちらから

受付時間:平日 9:00 ~ 17:30
土日祝日応相談

アクセスはこちら