統合失調症で障害厚生年金1級を受給できたケース

相談者60代女性
傷病名僧統合失調症
決定した年金種類と等級障害厚生年金1級
支給額年額 約130万

相談時の状況

昭和53年頃、まだ20代だった相談者が通勤途中で交通事故に遭い、半年以上も入院し、休職した。

その事故をきっかけに、精神的に不安定となる。事故の怪我は次第に良くなったが、精神的な不安定さは続き、様々な医療機関を転々としたが、回復することはなかった。

結婚後、次第に症状は悪化し、妄想や幻覚などが現れ、日常生活を送ることも困難な状況となっていた。

当センターに依頼する数年前に、家族が障害年金の請求をするも、初診が40年近くも前であることや、書類が揃わないことで、申請書類を突き返されてしまい、途方にくれている状況だった。

依頼から請求までのサポート

初診が40年近く前であることや、交通事故をきっかけとしていることだが、統合失調症との関連性があるかなど、複雑な案件でした。

初診の病院も経営が変わっており、カルテもなく、次の病院も既に廃業しており、初診証明を取ることが、とても困難な状況でした。

何とかご家族に当時の記録の一部(病院の領収書や診察券、事故証明など)を探し出してもらったり、既に引退されている医師の連絡先を探し当て、証明を書いてもらうなど、あきらめずに粘り強く取り組んで、ようやく書類をそろえることが出来ました。

結果

障害厚生年金1級の受給が決定し、年額 約130万円の受給が決定しました。

相談者は、結婚後ずっと専業主婦でしたが、若いころ厚生年金に入っていた時が初診であったため、厚生年金の請求をすることができました。

とにかく、あまりに年数が経っており、書類を探し出したり、当時の記憶をたどってもらう事が大変でしたが、家族の協力もあって、無事に支給決定がおりました。

このように、初診の証明がとれなくて、請求をあきらめている方もたくさんいらっしゃいますが、様々な方法で初診を証明することは可能です。

ご家族も、一度は諦めた障害年金が受給できたので、とても喜んでいただけました。

精神疾患・うつ病の受給事例集についての詳細はこちら

無料相談会予約受付中!

お急ぎの場合、事務所での個別相談をご利用ください。

  • 障害年金をもらえそうな気がする
  • 障害年金をもらいたい
  • 障害年金の申請がしたい

障害年金無料相談受付中

相談料0円

お気軽にご相談ください

046-230-6863(受付時間:平日 9:00 ~ 17:00 土日祝日応相談)

お電話はこちらから

相談窓口はこちら

046-230-6863

受付時間:平日 9:00 ~ 17:00

土日祝日応相談

事務所概要

フェリタス社会保険労務士法人

〒243-0014
神奈川県厚木市旭町 1-22-20
ハラダ旭町ビル 6F

046-230-6863 お電話はこちらから

受付時間:平日 9:15 ~ 17:00
土日祝日応相談

アクセスはこちら

SDG'sへの取り組み